PM0.1ハザードは、
私たちの身近に現実として起きています。

毎日飛来するPM2.5には、ナノのサイズの浮遊粒子であるPM0.1が含まれています。
また、日常生活の中にも、見えないナノリスクが身近にあります。
PM0.1による健康リスクは、どのようなものか、ご一緒に考察していきましょう。

人気のある記事

最近の投稿

1

バイオハザードならぬ、PM0.1ハザード。

PM0.1はざーど

バイオハザードならぬ、PM0.1ハザード。

 バイオハザードは、細菌で人類が感染し、ゾンビなどに奇形する架空のゲーム・映画ですが、PM0.1ハザードは現実的に起きているものです。

詳しく見る

2

PM0.1ハザードとは?

PM0.1ハザードとは?

PM2.5には、PM0.1というナノ粒子が含まれています。PM0.1ナノ粒子、見えないものですが、少ない量でもその微小さから大量のPM0.1が含まれることで、知らない間に多くのナノ粒子がカラダ潜入、つまりPM0.1ハザードが確実に存在しています。

詳しく見る

3

PM2.5関連サイト

PM2.5関連サイト

是非チェックしておきたいPM2.5関連のサイトをご紹介します。

詳しく見る

4

PM0.1ハザードで、がんハザード。

PM0.1ハザードで、がんハザード。

 PM0.1ハザードによるがんハザードが幕開けは、細胞のアポトーシスが正常に行わなくなったり、マクロファージがきちんと体の中を清掃してくれなくなることで、がんや花粉症やアレルギーなどの自己免疫疾患を発症します。

詳しく見る

5

pm0.1ハザードで、糖尿病。

糖尿病

PM0.1ハザードで糖尿病。

 ファイトケミカル成分である山葡萄抽出種子エキスにより、グルコースの10,000倍の反応性の高いpm2.5に含まれる3-DGの低下も報告されており、結果、AGEの生成の抑制により、HbA1cの低下したと考えられます。

詳しく見る

6

PM0.1ハザードで、認知症。

PM0.1ハザードで、認知症。

 脳の海馬は、非常にデリケートなので、脳への血流不足で一番最初にダメージを受けるところでもあります。ましてや、ナノ粒子での侵入により、フリーラジカルであるヒドロキシラジカルの過剰生成した場合は、容易に破壊されてしまいます。AGEもリスクを高めます。

詳しく見る

7

PM0.1ハザードで、失明の危機。

緑内障

PM0.1ハザードで、失明の危機。

 PM0.1ハザードで眼をやられないためにも、普段からの眼の保護によるマクロファージの恒常化と血液脳関門を通過できる抗酸化物質と眼の糖化を促進するAGEの生成を抑制する抗糖化物質を摂取する習慣をつけましょう!

詳しく見る

8

PM0.1ハザードから身を守るためには?

PM0.1ハザードから身を守るためには?

 普段、メディアなどでもPM0.1の存在が報道されたりしないことから、その存在に気づかない方が大勢います。心配しすぎもストレスになるのでいけませんが、あとの祭りにならないように日常的にきちんと対応しておくことが必要です。

詳しく見る

広告

AD

山葡萄 健康長寿のための伝承のスーパーフード

やまぶどう けんこうちょうじゅ

米タイム誌で10大長寿食の一つ

米タイム誌でも世界の10大長寿食の一つに選ばれる山葡萄。健康長寿のための日本のスーパーフード山葡萄で、あなたも、健康長寿の人生を。

詳細は、こちらから

「黄金 山葡萄の極」

おうごん やまぶどうのきわみ

山葡萄ファイトケミカル成分配合

山葡萄種子由来のファイトケミカル成分を配合した純国産品となります。健康長寿の人生を送りたい方のために。

詳細は、こちらから

PM0.1ハザード

PM0.1ナノ粒子での見えない健康リスク

組織名
PM0.1ハザードを考える会

お問い合わせはこちらから